31 8月 10

TIGER復活!!TIGER JAPAN TOUR 2010 東海、関西、九州でライブ

テンプレート驚きの7000種類!あなた好みのブログをつくるなら【JUGEM


TIGER JAPAN TOUR 2010、日本でツアーが開催。
東海地方では、名古屋、関西地方では、京都、大坂、奈良、九州地方は熊本で開催予定。
Tiger復活をお見逃しなく。

奈良のフライヤーです。
55957773_113

TIGER JAPAN TOUR 2010

9/18(sat)熊本 club VIBE
9/19(sun)大阪 club ItoI
9/22(wed)愛知 RADIX
9/23(thu)京都 BLACK BOX
9/24(fri)群馬 club JAMMERS
9/25(sat)茨城 CAFE DO CHILL
9/26(sun)奈良 葛城山麓 “道の横” 広場(葛城山ロープウェイ手前)

TIGER

彼のデビューはシンガーとして歌モノをレコーディングしたことに端を発している。
81年ごろに現在のラガマフィン・スタイルに転向し、サウンド・システム「ブラック・スター」で一躍有名に。

85年に、初のビッグ・ヒット「No Wanga Gut」「No Puppy Love」をリリース。このヒットがきっかけで、大手レーベル<Mango>からセルフ・プロデュースによるデビュー・アルバムを発表した。これによって ジャマイカでもトップDJとなり、ハリー・Jと「Sitting In La La」をレコーディングする他、自らのレーベル<Tiger>、さらに<Kangal><Ayeola>など、複数のレーベルで次々とシングルを制作。 89年には、キング・ジャミー、ガッシー・クラーク、スライ&ロビー、スティーリー&クリーヴィーら当時のトップ・プロデューサーたちと精力的なコラボレーションに乗り出し、再び人気が爆発した。シーンに再浮上した彼は、90年、ラップ・グループ“ファット・ボーイズ”と共演し、ジャマイカンDJとして初めてUSヒップホップ・シーンにその名を印象づけたのだった。

その後、活動の場を海外にも広げ、イギリスのグループ、ブランニュー・ヘヴィーズのアルバムに、ブラック・シープ、ギャング・スターらラップ勢と共に参加。92年には、ヒップホップとラガのクロスオーヴァーにチャレンジした画期的なシングル「When」で、当時ジャマイカに沸き起こった新しいスタイル「ボーグル」の先導役となり得たのであった。

その後も「Crying Fool」「Yuh Dead Now」らのヒットを飛ばし、93年、大手<コロムビア>よりアルバム『Claws Of The Cat』をリリース。

その矢先、愛車のバイクを運転中、大事故に見舞われるが、奇跡的に一命をとりとめた。

1日も早い復帰を願う声援の中、ジャマイカ年末恒例のビッグフェスSTING出演やニューヨーク公演等、近年では、そのタフな歌声で尚も世界各地を沸かせている。

Twitterでつぶやく
写真日記をはじめたら、写真を撮るのがもっと楽しくなった。
- プチ・ホームページサービス -

Related posts

スポンサーリンク

トラックバック用URL

コメント

この記事へのコメント・トラックバックはありません。

コメントする

管理人にのみ公開されます。